<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ガソリンが値上げしました」の間違い

「ガソリンが値上げしました」

NHKを見ていて、何度もこの言葉を耳にしました。以前「外国人でも間違いを指摘できるアナウンサーの日本語」でNHKアナウンサーの間違いを指摘しましたが、またも同様の間違いです。

「自動詞」と「他動詞」

正しくは「ガソリンが値上がりしました」ですね。ガソリンスタンドの店長なら「ガソリンを値上げしました」でもいいです。

参考までにGoogleでも調べてみました。
 「が値上げ」 268000件
 「が値上がり」462000件
思った以上に間違いが多いですね。社会的には許容範囲なのでしょうか。

とは言えアナウンサー。しかもNHK。そして恐らく原稿を読んでいたはず。

単なる偶然と思いたいのですが、NHK全体で自他の区別がついていないのでしたら、恐ろしいことです。

 


この記事のカテゴリー:文法 , comments(7)

子育てにやさしい⇒子育てしやすい

まずは記事の見出しだけでも読んでください。形容詞の使い方が可笑しいのでは。

形容詞の基本文型は「〜が(は)[形容詞]」です。
 値段が高い:体が大きい:空が綺麗だ:図書館は静かだ

「〜が〜に[形容詞]」の文型に使える形容詞は限られているはずです。
 体に良い:目に悪い:男性に多い症状:子供に人気だ
名詞が対象になりますね。

3グループの動詞(名詞+する)の後に付ける場合は、使える形容詞も増えます。
 携帯に便利だ:ダイエットに効果的だ

ここまではほぼ全ての日本人に共通する認識だと思います。しかし、「易しい」に関しては、その使われ方が拡大しているように感じます。

本来は「問題が易しい」「易しい仕事」のような使い方ですね。ただ最近は、こんな使用例も増えてきました。
 子育てが容易だ・子育てしやすい ⇒ 子育てにやさしい
 環境にいい ⇒ 環境にやさしい

お気づきの方もいらっしゃると思いますがキャッチコピーに使われそうな言葉ばかりですね。要するに、「やさしい」の「意味」や「使い方」よりも「印象」や「音の響き」の良さのために使われだしたのではないでしょうか。同様の例として「体においしい」などがあります。

これに関しては、間違いなのか変化なのかは難しいところですが、一部の人によって作られた用法が日本全体に広まっていくことには疑問を感じます。

 


この記事のカテゴリー:文法 , comments(2)

「どんなですか」は正しい?

「どんなですか」の表現を度々見聞きします。

「幸せな結婚ってどんなですか?」「営業部の雰囲気って、どんなですか?」「大阪ってどんなですか」などの表現です。皆さんも見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

結論から述べると、正しくないですよね。「どんな」の後には名詞がきます。具体的に書き直すと、「幸せな結婚ってどんなことですか」「幸せな結婚って何ですか」「営業部の雰囲気って、どうですか?」「大阪ってどんな都市ですか」「大阪ってどんな雰囲気ですか」と書くべきです。

聞きたい内容が明確ならば、質問も明確になると思うんですが、例示した文章は、意図的にか質問を曖昧にしているようです。

ただ、これも方言の可能性がありますね。皆さんのご意見をお待ちしております。

 


この記事のカテゴリー:文法 , comments(0)