<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日本語教育の将来に9つの不安

・労働人口が減少するのに、国は外国人労働者の雇用に消極的である。

・国の方針が留学生の増加よりも観光客の獲得に傾いてきている。

・日本の経済力が世界トップクラスであり続けなければ、学習者が激減する恐れがある。

・今後もヴィザ取得に日本語能力が問われなければ、日本語を学習しない外国人が減らない。

・日本語教師以上に日本語学習者が増えなければ、日本語教師の待遇はさらに悪化する。

・日本語教育に国や自治体の補助がないため、安くて充実した日本語教育ができない。

・国も自治体もボランティアの日本語教室に頼っているため、日本語教育市場が発展しない。

・日本が英語教育を重視すればするほど、外国人の日本語ニーズが低下する。

・テクノロジーの発展により機械翻訳・通訳の精度が向上すれば、潜在的日本語のニーズまで縮小する。

あ〜、書いていてちょっと嫌になりました。日本語教師って社会的・経済的に不遇なんですよね〜。革命を起こしたい。起こせるのなら。

 


この記事のカテゴリー:日本語教育 , comments(2)