<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

日本語教師にはA型が多い

なぜかは分かりませんが、私が今までにあった日本語の先生はA型が多かったです。それも3割4割ではなく6割!もちろん対象人数が少ないので偶然の範疇でしょうが…。

一般的に、A型は「几帳面」とか「神経質」とか言われていますよね。そんな人が日本語教師に合うのでしょうか。以前私が書いた「日本語教師適正テスト」に照らし合わせてもA型に適正がありそうな気が…。

でも科学的には、血液型と性格に関係はないんですよね。ニセ科学シンポジウム<なるものの議題にもなったそうですし。ちなみに私も信じていません。

これをご覧の日本語教師の方、やっぱりA型ですか。

ちなみに韓国の新聞にこんな記事がありました。時代に逆行する調査のような気が…。これは捏造じゃありませんよね。

 


この記事のカテゴリー:日本語教師 , comments(9)

日本語教師適正テスト

日本語教師としての適正があるか、または対応できるかのテストです。
(他にも追加したほうがよいと思われる項目がありましたが、コメントをください)

 1.仕事はお金よりもやりがいだ
 2.プライベートな時間も仕事のために使える
 3.勉強熱心だ
 4.几帳面だ
 5.面白いとよく言われる
 6.面倒見がよい
 7.言葉や態度が礼儀正しい
 8.聞き上手だ
 9.話す内容を頭で確認しながら話ができる
 10.経済的に将来に不安はない

6つ以上だったら、日本語教師として十分やっていけると思います。
3つから5つだったら、苦労や心労に耐えられなくなる可能性があります。
2つ以下だったら、職業にはしない方がいいと思います。取り敢えず、友人やボランティアで体験してみては。

ちなみに私は5つでした。う〜ん。

 


この記事のカテゴリー:日本語教師 , comments(0)