<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「違った」と「違かった」

「違かった」という言葉遣いが広まっていますね。正しくは「違った」です。この間違いは多くの方も気になっているようですね。

そこで、日本語教師としてこの間違いを考えてみました。原因は3つ考えられます。

1.動詞の活用ミス
「ません」が「ないです」、「ました」が「たです」と、動詞も「です」で言う人が増えていますが、その人達が活用を誤った可能性があります。
  例:ちがったです→ちがかったです

2.品詞の勘違い
以前もい形容詞との勘違いを取り上げましたが、これもその可能性があります。名詞の「ちがい」をい形容詞と間違えると「ちがかった」になります。
  例:おいしい→おいしかった、ちがい→ちがかった

3.方言
関西弁など社会に根強く残っている方言は、一部の人からでもメディアを使って全国に広まる可能性があります。母語の習得過程にある若者はこの影響も受けやすいので、正しい日本語が何かも分からずに使ってしまうかもしれませんね。

私は文法的に考えてしまいがちなので、1の「活用ミス」か2の「品詞の勘違い」と思っていますが、3の「方言」の可能性も否定できません。方言についてご存知の方がいらっしゃいましたら、コメントでご指摘ください。

補足として、使用状況をグーグルで調べてみました。
  違った:違かった   = 21200000:84300 = 100%:0%
 ちがった:ちがかった  =  1140000:17300 =  99%:1%
違いました:違かったです =  2370000: 150 = 100%:0%

1回では漢字変換されないはずなのに、これだけの人が使っているんですね。

 


この記事のカテゴリー:若者言葉 , comments(7)

「みたいに」or「みたく」

「みたいだ」には比況・例示・推量の意味がありますが、いつからか「みたく」と活用させる方が多くなりましたね。地域や年代差があるのでしょうか。

折角ブログという便利なツールを利用しているので、この場を借りて質問させていただきます。

「象みたいに歩く」は「象みたく歩く」で「象みたいに大きい」は「象みたく大きい」ですよね。じゃ、「象みたいな動物」は「象みたい動物」と言うのでしょうか。

使用例で結構ですので、良かったらコメントにお答えください。

<続きはこちら

 


この記事のカテゴリー:若者言葉 , comments(16)