<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

同情するなら「かね」を(教えて)くれ

「〜ですかね。」って話し方をよく耳にしますが、私はこの「かね」が気になってしかたがありません。私のイメージでは、「先方との交渉はどうなっているかね。」のような部長クラスのおじさんが使いそうな言葉なんですが、ジャニーズ系の人も多用していますね。私が年を取ったのでしょうか。正直、彼らの名前より先に、言葉遣いが気になってしまう場合もあります。

そこで、よく耳にする用例と、それを初級文法で言い替えたものを書いてみました。
 1:「どうですかね。」→「どうですか。」
 2:「そろそろ行きますかね。」→「そろそろ行きましょう。」

殆どが1番の「か」で言い替えが言える例です。「だったら、「ね」はいらないじゃん。短くて、丁寧に聞こえるんだし…」これが率直な意見です。日本語に限らず、くだけた表現ほど短縮した表現を好むはずなのに、この「かね」が広く使われるようになった理由が分かりません。地域差があるのでしょうか。

どなたか、お願いします。「かね」でなければ不自然になる会話を教えてください。

 


この記事のカテゴリー:俗語 , comments(2)