<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オバマ氏を黒人というのは人種差別では | main | 大阪と韓国は似ている? >>

変な意味に聞こえる日本の名前

外国人には、変な意味に聞こえる日本語というのがあります。それが名前だったりすると、他に言い換えができないため、恥かしい思いもします。

「近畿大学」が「変態大学」だったり、消費者金融の「ディック」や「幹太」という名前が「男性のあそこ」だったり。他には何があるでしょうか。

もしかしたら、「麻生」も「お尻の○」に間違われるかも知れませんね。

 


この記事のカテゴリー:日本語 , comments(3)

コメント

こんにちは。

私はいつも、「フク」がつく名前や苗字の人は大変だろうなあ...と思ったりします。
福山さんや福岡さん。福田さん...とか。
だってやっぱりFukuでしょ。
ニヤニヤしながら「これなんて読むの?」とアメリカ人が聞いてきそうです。

以前ネットで見た「海外で紹介しにくい名前」として「麻生麻衣」という名前が挙げられてました。
Mai Asou...やっぱり聞こえちゃいますか?
My Assholeって?!
Comment by m @ 2008/10/02 2:28 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2008/10/22 12:19 AM
韓国では『井関』は『この野郎、こいつ』で、『欠席』は『犬野郎』、それから『柴沼』は韓国では一番ひどい俗語で『この○○野郎』○○には下半身の名前が…

韓国でこの名前を大きな声で呼ぶと、周りの人がびっくりして振り返りますよ。気をつけて。
Comment by 親韓派 @ 2008/11/11 4:43 PM
コメントする