<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< AUの「つながれる」が意味する内容 | main | 韓国では暴力のない強姦は同意があったと見なされる >>

意志動詞と無意志動詞について

AUの『つながれる』が意味する内容」のコメントで「意志動詞」「無意志動詞」といった文法用語を使いましたので、この機会に簡単に説明させていただきます。

まずは、いくつかの例をご紹介します。
  意志動詞  無意志動詞
  あけます  あきます
  なおします なおります
  ひらきます ひらきます
  およぎます

日本語教育について勉強された方以外は、自動詞と他動詞という区別をされたと思います。ほとんどの単語については、「自動詞=無意志動詞」「他動詞=意志動詞」なんですが、「およぎます」や「あるきます」のような自動詞は意志動詞のため、単に国語教育と日本語教育とで用語が異なるわけではありません。

意志動詞は「生き物の動作」の場合に用い、無意志動詞は「自然的・自動的変化」の場合に用います。意図的ではない動作の場合は、無意志動詞を使います。

「機械がドアを開けました」や「低気圧が雨を降らせます」のような文も可能ですが、一般的に動作主が重要ではない自然的・自動的なことには無意志動詞を用いて、「ドアが開きました」「雨が降ります」というはずです。

ではなぜ意志動詞と無意志動詞という区別をするかについてですが、それは文法的に必要だからです。可能形や「ています」がその例です。

AUの『つながれる』が意味する内容」のコメントでも書いた通り、無意志動詞には可能形がありません。動作主がないのですから、能力などを表す可能形がないのも、当然です。

「ています」という文型の場合、一般的に意志動詞は継続などの意味になり、無意志動詞は状態の意味になります。(もっとも、「ています」には意味がたくさんあるので、単純に二分できませんが)
また、意志動詞で状態の意味を表す「てあります」に、動作主の意図が存在することも、意志動詞を正しく理解していれば、おのずと分かります。
 継続の意味 : 今テレビを壊しています。毎日泳いでいます。
 状態の意味 : テレビが壊れています。太っています。
 状態+意図 : (暑いので)窓は開けてあります。

これらは、自動詞と他動詞とでは分類できないため、日本語教育では、意志動詞と無意志動詞という用語を用いています。

意志動詞と無意志動詞について、ご理解いただけたでしょうか。

 


この記事のカテゴリー:文法 , comments(5)

コメント

私の考えでは、意志を表すのは助動詞「ます」の働きも大きいと思いますが、どう思われますか。辞書では、丁寧な気持ちを表す、敬意を表すとなっていますが。あく、なおる、ひらく、の辞書形に意志は感じられず、あきます、なおります、ひらきます、には感じられる気がします。理由としては、意志を持った人にあけられるので、あきます、意志を持った人になおされるので、なおります、意志を持った人にひらかれるので、ひらきます、という意味のふくみが感じられるから。意志としましたが、意図といったほうが適切かもしれません。よって私は、無意志動詞という言い方より、結果動詞と言った方がよく理解されやすいのではと思うのですが、いかがでしょうか。意思や意図を反映した結果又は、自然現象の結果を表す動詞という意味です。およぐ、あるく、などの無意志動詞がないのは、一定の結果、現象が現われないからだと言えます。可能形はないので、結果にする事が出来る、と言う意味の、あくようにできる、なおるようにできる、ひらくようにできる、と言うしかありません。したがって、つながるようにできる、が最も自然な表現ではないでしょうか。
Comment by kotaro @ 2008/08/05 4:54 AM
言語というのは、共通認識があってこそ通じるものです。個人が勝手に言葉や解釈を変えていったら、通じなくなります。この意志動詞も、私が勝手に作った言葉ではないということを、まずはご理解ください。

では、「あきます」や「なおります」に意志が感じられるということに関してですが、これらはやはり無意志です。人が関わっていても、それが結果や不可抗力の場合は、意志ではありません。

次に、意図や結果動詞という言葉の方が良いという意見ですが、これはvolitional verbを訳した時にこう決めたのでしょうから、仕方がないのではないでしょうか。文法用語の中には、時々疑問に感じるネーミングもありますが、それは「体育館は体育以外でも使うから室内広場の方が良い」というようなものです。とは言え、日本語教育で使われている用語は、国語教育や英語教育よりも、ずっと明確だと思います。
Comment by 左近 @ 2008/08/05 1:09 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/02/18 8:26 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/06/02 5:28 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2013/02/09 1:22 AM
コメントする