<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 何でも「の」でつなぐのは止めよう | main | プロパガンダはうさんくさい >>

リサイクルという言葉は誤解を与える。漢字に置き換えよう。

リサイクルという言葉とその使われ方に疑問を感じています。というのも、リサイクルという言葉からでは、同等の品質を持った同じ製品に生まれ変わっているという誤解を与えかねないからです。

リサイクル率が高い金属や紙でさえ、品質が落ちる(紙ならトイレットペーパーや段ボール程度の品質)のですから、葉書きだけで葉書きが再生できるはずがありません。ましてや、ペットボトルがペットボトルとして再生しているかのような誤解は、すぐにでも払拭すべきです。

方法には色々あるでしょうが、まずは「リサイクル」という言葉自体を改めるべきではないでしょうか。この言葉によって、どのように利用されているかが曖昧になり、また、ゴミを捨てる行為にも罪悪感がなくなってしまいました。

これは、現時点でのアイデアですが、リサイクルという言葉を以下のように置き換えることで、利用方法も明確になると思います。

【再生利用】
 品質は落ちるが、同種の製品に利用できる場合。
【再利用】
 同種の製品にはならないが、別の製品として利用できる場合。
【分解利用】
 製品には利用できないが、熱として利用できる、または土に還る場合。
 (土もゴミではないという意味で資源)

これなら、今まではリサイクルとしてひとくくりだった分類が、金属は再生利用、ガラスは再利用、ペットボトルは分解利用と、意味の上でも明確になります。
 例:容器に「このペットボトルは分解利用されます」と表示

漢字は意味を伝えるのに便利な文字ですから、少なくともリサイクルよりは良いのではないでしょうか。他にも良いネーミングがございましたら、是非コメントにお書きください。

 


この記事のカテゴリー:外来語 , comments(3)

コメント

欧州などでは、リサイクルは本当にリサイクル前の物と同じ物でありますので、日本のリサイクルの方法が間違っているのです。言葉が間違っているのではありません。
Comment by たかちゃn @ 2008/03/26 10:39 AM
私の勉強不足だったら済みませんが、具体的にどこの国がどのような手段でリサイクルしているのでしょうか。

昔の日本も、ビンを店に持っていって中身を入れてもらったり、ビンを洗浄して使いまわしていましたが、そのような物を大切に使う方法がリサイクルとして定着しているということでしょうか。
Comment by 左近 @ 2008/04/05 7:36 AM
離再来
Comment by よしも @ 2012/01/16 10:24 AM
コメントする