<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「レポート」と「リポート」ではどっちが一般的? | main | キャラ弁 >>

センター試験の義務化で入試と卒業を一本化しては

高校の必修科目未履修問題の原因は高校にあるのでしょうか。進学校が受験のための教育に傾いていくことは、極自然なことです。

補習時間を設定すればいいというのも、安直な対応ですね。必修科目の目的は、出席ではなく習得のはずです。

そもそも、高校・大学・教育委員会は、必修科目をどのように考えているのでしょうか。理系の学生も文系の学生も工業高校の学生も必ず習得しなければならない内容が必修科目ではないでしょうか。

だったら、非常によくできているセンター試験を利用して、大学入試と卒業試験の2つの合格ラインを設けて全高校生に義務化することが、もっとも確実だと思います。

高校教育と受験を一本化することで、高校生の学習にも余分な負担がなくなるのではないでしょうか。飛び級も認め、優秀な学生や学校を評価するのも良いと思います。義務化により、センター試験が無料化できれば、なお良いです。

誰でも入れて全員卒業でき、しかも受験は予備校頼みでは、高校教師の指導力すら疑問視することができません。

義務教育ではない高校教育だからこそできる改革を安倍内閣には期待しています。

 


この記事のカテゴリー:学校教育 , comments(0)

コメント

コメントする