<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 「ものもらい」と方言 | main | 結婚しても良い ≠ 結婚したい >>

北海道弁

北海道の方言を文法的にまとめてみました。<こちら

北海道の人からは、標準語と同じだと聞いていましたが、やっぱり北海道弁としての文型もあるようですね。

北海道にお住まいの方がいらっしゃいましたら、是非コメントに北海道弁の特徴的な用例をお書きください。例文が多いほど助かります。

語彙に注目したサイトはたくさんあるので、文型はここで完成させたいと思っています。ご協力、よろしくお願いします。

 


この記事のカテゴリー:方言 , comments(4)

コメント

現在は北海道を離れましたが、元北海道民&北海道と東京のハーフです。

ワタシは、
問題の「タバコ吸われる?」はちょっと違和感がありました。

また女性は、「〜べ」「〜だべ」はあまり使いません。
(北海道の地域にもよるのかな?)



以下、ご参考まで。

ペンが出ない(あるいは、はじかれる)時に
「このペン書かさらない」

押しボタンなどが押せない時に
「押ささらない」

洗濯物を干す場所がもうないときに
「もう、干ささらない」

また、【確認】の語調が強い場合には“〜しょや”が
あります。

「前にダメって言ったよね?」
→「前にダメって言ったしょや!」

「そこにあるじゃん!」
→「そこにあるしょや!」



「過去形」で丁寧さを表現することも(?)

電話などで、架ける側が名乗るときに
「あ、もしもしサトウでした」

「おばんでした」(こんばんは)

ファミコン(ファミレスコンビニ)敬語の最たるものとして
よくあげられる「過去形にした聞き方」も
北海道弁から伝播したと言われているとか、いないとか・・・。

「〜〜でよろしかったでしょうか」等


参考になりましたでしょうか。
ちなみに、我が家では、北海道を離れても、なぜか
語尾だけは、北海道弁が残っています。

また北海道のイントネーションは独特なので、
仕事で接客をしていると、「あ、このお客さま
北海道だな」とすぐにわかります。
Comment by ね @ 2006/12/06 10:24 AM
ねさん、ありがとうございました。

北海道弁は文型よりもニュアンスの方が難しいと思いました。やっぱり「佐藤でした」もあれば「佐藤です」もあるんですよね。その違いは何なんでしょうか。

例えば、電話で、「もしもし、ひろしさんでしたか」「いいえ、ひろしは父でした」という会話になるのでしょうか。

思いついたらで結構ですので、色々な例や意見をお教えください。
Comment by 左近 @ 2006/12/06 11:17 AM
『佐藤でした』と自分の名前を過去形で言うのは、過去に会った(話した)ことのある場合に多い気がします。

明日でしょう⇒明日しょや は、「明日っしょ」とも使います。
来なさい⇒これ は聞いたことがありません。
Comment by か @ 2007/01/09 9:48 PM
結構古い記事のようですので、コメントしても気付かれるか分かりませんが、失礼致します。
北海道出身・在住ですので、少し情報をば。

“電話で名前を過去形でいう”のは、大抵、自分が「かける」側のときです。
「○○さんでしたか?」と言う方もたまにいますが、この使い方をするのは年配の方に多いようです。
それに返事をする場合は「いいえ、○○は父です」と過去形ではなくなります。
また、自分で「○○でした」と名乗るときはお互いを認知しており、ある程度親しい間柄の場合がほとんどだと思います。

かさんと同じく、私も 来なさい→これ は聞いたことがありません。
あるとしても くれ だと思いますが、そのような使い方をする方は滅多にいないかと。
明日でしょう→明日しょや は 明日でしょや と使うこともあります。
また、 行ける→行かれる を使うことはありますが、 飲める→飲まれる には少々違和感を覚えました。
そして語尾の「べ」「だべ」ですが、これは個人差や地域差が多いのではないかと思います。
女性でも使いますが、少々言葉遣いが悪く感じられます。
Comment by ワタ @ 2007/09/25 11:02 AM
コメントする