<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「たらこ・たらこ・たらこ」の音楽と映像 | main | 大阪弁・名古屋弁・広島弁 >>

微妙な微妙

「この味って微妙だよね」
こんな日本語をよく耳にします。微妙の意味が変わってしまいましたね。

最近の「微妙」の使われ方を考えると、「何かは明確ではないが、全体として良いとは言えない」の意味で使われているように思います。

ちなみにgooの辞書ではこう書かれています。
(1)なんともいえない味わいや美しさがあって、おもむき深い・こと(さま)。
「―な色彩のバランス」
(2)はっきりととらえられないほど細かく、複雑で難しい・こと(さま)。
「両国の関係は―な段階にある」「―な意味あいの言葉」

ネガティブな意味で使われるようになってからは、(1)の意味ではあまり使われなくなりましたね。あえて言うなら「絶妙」に言い換えるのではないでしょうか。

(2)の意味が現在の意味に近いのですが、「複雑で難しいこと」というのはなくなってしまったように思います。物事が複雑かどうかよりも、はっきり言うかどうかという話し手の意見のように思います。

この「微妙」がメディアで大々的に使われるようになった象徴的な例がボクシングの亀田対ランダエタの試合です。明らかに「疑問」の意味で「微妙」を使っていました。

意見や見解の相違は、常に存在するものなので何とも思いませんが、単語の意味を変化させるのは、ミスコミュニケーションを生む原因にもなりえるので、個人的には否定的です。現在の「微妙」の使われ方は、正に「微妙」です。

 


この記事のカテゴリー:若者言葉 , comments(0)

コメント

コメントする