<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本語教師には夢追い人が多い | main | 「後で後悔する」って間違い? >>

子育てにやさしい⇒子育てしやすい

まずは記事の見出しだけでも読んでください。形容詞の使い方が可笑しいのでは。

形容詞の基本文型は「〜が(は)[形容詞]」です。
 値段が高い:体が大きい:空が綺麗だ:図書館は静かだ

「〜が〜に[形容詞]」の文型に使える形容詞は限られているはずです。
 体に良い:目に悪い:男性に多い症状:子供に人気だ
名詞が対象になりますね。

3グループの動詞(名詞+する)の後に付ける場合は、使える形容詞も増えます。
 携帯に便利だ:ダイエットに効果的だ

ここまではほぼ全ての日本人に共通する認識だと思います。しかし、「易しい」に関しては、その使われ方が拡大しているように感じます。

本来は「問題が易しい」「易しい仕事」のような使い方ですね。ただ最近は、こんな使用例も増えてきました。
 子育てが容易だ・子育てしやすい ⇒ 子育てにやさしい
 環境にいい ⇒ 環境にやさしい

お気づきの方もいらっしゃると思いますがキャッチコピーに使われそうな言葉ばかりですね。要するに、「やさしい」の「意味」や「使い方」よりも「印象」や「音の響き」の良さのために使われだしたのではないでしょうか。同様の例として「体においしい」などがあります。

これに関しては、間違いなのか変化なのかは難しいところですが、一部の人によって作られた用法が日本全体に広まっていくことには疑問を感じます。

 


この記事のカテゴリー:文法 , comments(2)

コメント

はじめまして。
去年から日本語教室のお手伝いをさせていただいているのですが、自分が普段使っている言葉に対して鈍感だという事に気付かされます。

子育てにやさしい の、やさしいは、「易しい」ではなく、「優しい」を意図して使われているのではないかと思います。
実際、優しい という漢字を使ったポスターを見た記憶があります。

やさしい○○、と後に名詞が続くのだと思うのですが、擬人化されているため、優しいという表現が使われているのだと思っていました。
・・・考えれば考えるほど、わからなくなってきますね。

駄文、失礼しました。
Comment by tomoe @ 2006/07/28 3:27 PM
「優しい」も「易しい」も同源ですから、ひらがな表記で両方の意味をもたせたいのかも知れませんが、「子育てする人に優しい」と「子育てすることに易しい」とに使い分けられるべきです。

この場合の「子育て」は「子育てすること」であるので、「優しい」という漢字が使われていたのなら、「文型」と「漢字」で複数の間違いがあったと考えるべきではないでしょうか。

本文でも書きましたが、イメージ重視の結果だと思います。私のような日本語重視の考え方では疑問が残ります。
Comment by 左近 @ 2006/07/28 4:54 PM
コメントする