<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マスコミまで「ありえない」を連発する時代 | main | 日本語教師には夢追い人が多い >>

現代の料理と「手作りする」

「手作りする」って言葉をよく耳にしますが、これって正しいのでしょうか。

そもそも動詞で言う場合は、「料理を作る」と言えば手料理だったはずです。

どんな料理かを説明する場合、「買った料理」とか「手作りの料理」とか言いますよね。このような場合に使うのが名詞の「手作り」ではないでしょうか。

つまり動作の場合には「料理を作る」で「手作り」の意味になりますが、料理を修飾する場合には「手作り」と言うのだと思います。本来は。

しかし、現代ではこの認識が変わってしまったのかも知れません。

インスタントラーメンでは手作りと言いませんよね。では、食材を1つ加えるだけでできる料理は「手作り」と言ってもいいのでしょうか。カレールーのように味付けが出来上がったものを使っても「手作り」と言ってもいいのでしょうか。

食材に触りさえすれば「手作り」だとか、食材を加えれば「手作り」だとか、この辺の認識には個人差があるのでしょうが、どうもインスタントではないと言いたい時に「手作りする」と言うようです。

言葉の意味よりも潜在的な意識が関係してそうですね。

 


この記事のカテゴリー:語彙 , comments(0)

コメント

コメントする