<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ○○さんの妻って正しい? | main | インタビュアーの国語力 >>

自分の声を聞く

日本語教師をしていると、授業を録画したり、会話を録音したりと、何かと自分の声を聞く機会があると思います。すると気になるのは、「あ〜」とか「え〜」とか「そうですね」といった不必要な言葉の癖です。指示も相槌も簡潔なのがベストですからね。

学習者をコントロールするはずの教師が、自分の日本語をコントロールできていないのは恥ずかしいものです。私は無意識にボソッと言った言葉が録音されていたこともありました。

私の知っている上手な先生は、無駄な言葉はほとんどなく、目や間だけでも学習者をコントロールしてしまいます。その先生曰く、「一々言葉にすると時間がかかるから」だそうです。

分かってはいても、実践は難しいものですよね。

 


この記事のカテゴリー:日本語教師 , comments(0)

コメント

コメントする