<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いつの間にか「元気をもらいました」になっていた | main | 「地球高温化」などと言い出す川口市は大丈夫か >>

BBCによる「各国が世界にもたらす影響」の調査結果について

イギリスのBBCが「各国が世界にもたらす影響」に関する世論調査の結果を発表しました。
 時事通信の記事
 BBCの調査結果(PDF)

日本は、ドイツ、カナダ、イギリスに次いで、4番目に良い影響がある国と思われているようです。やはり、中国からの評価は厳しいものでしたが、それでも良い評価も意外なほど多いです。日本に対して、最も否定的な評価が少ない国がロシアというのも、意外と言えば意外です。

次に、国ごとの評価をじっくりと見てみると、国民性というのも見えてきます。
・中国人とフランス人は、どちらとも言えないという評価が少ない
・日本人、インド人、メキシコ人は、どちらとも言えないという評価が多い
・トルコ人は、全体的に否定的な評価
・自国に対して最も否定的な国は日本、自画自賛は中国
  自国に対して良いという評価(%)
  中国92,フランス72,日本41,カナダ86,イギリス63,インド51,アメリカ60,ロシア82,ドイツ80
・アフリカの人は、比較的どの国に対しても肯定的

他国からこれだけ評価されている日本が自国に対して評価が低いのは、単なる謙遜とは思えません。あえて具体的な指摘はしませんが、日本に対する否定的な声ばかりを聞かされ続けた結果だと思います。

 


この記事のカテゴリー:海外 , comments(2)

コメント

日本が自国に対する評価がよかったらもっと上にこれたかな?
Comment by @ 2009/02/07 10:02 PM
26カ国で調査したようなので、日本が中国なみに自国に良い評価をしていたら、さらに2%評価が上がることになります。
もっとも、評価が少々上がったところで、何の影響もないでしょうが。
Comment by 左近 @ 2009/02/07 10:20 PM
コメントする