<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

方言と若者言葉

ある学生にこんなことを言われたことがあります。

「先生は若くないから○○って言わないでしょ?」

その学生は、日本語能力試験1級にも合格しているのですが、方言と若者言葉とを勘違いしていました。

日本人でも何が方言かをちゃんと理解していませんから、確かにその区別は難しいと思います。

 


この記事のカテゴリー:若者言葉 , comments(0)

微妙な微妙

「この味って微妙だよね」
こんな日本語をよく耳にします。微妙の意味が変わってしまいましたね。

最近の「微妙」の使われ方を考えると、「何かは明確ではないが、全体として良いとは言えない」の意味で使われているように思います。

ちなみにgooの辞書ではこう書かれています。
(1)なんともいえない味わいや美しさがあって、おもむき深い・こと(さま)。
「―な色彩のバランス」
(2)はっきりととらえられないほど細かく、複雑で難しい・こと(さま)。
「両国の関係は―な段階にある」「―な意味あいの言葉」

ネガティブな意味で使われるようになってからは、(1)の意味ではあまり使われなくなりましたね。あえて言うなら「絶妙」に言い換えるのではないでしょうか。

(2)の意味が現在の意味に近いのですが、「複雑で難しいこと」というのはなくなってしまったように思います。物事が複雑かどうかよりも、はっきり言うかどうかという話し手の意見のように思います。

この「微妙」がメディアで大々的に使われるようになった象徴的な例がボクシングの亀田対ランダエタの試合です。明らかに「疑問」の意味で「微妙」を使っていました。

意見や見解の相違は、常に存在するものなので何とも思いませんが、単語の意味を変化させるのは、ミスコミュニケーションを生む原因にもなりえるので、個人的には否定的です。現在の「微妙」の使われ方は、正に「微妙」です。

 


この記事のカテゴリー:若者言葉 , comments(0)

「うける」と「面白い」

「それ超うけるんだけど」
なぜ自分に「うける」を使うんでしょうか。ここは「面白い」を使うべきです。

辞書をご覧になれば分かりますが、「うける」には色々な意味があります。その中の「好まれる」の意味が本来の意味だったと思います。
  例:辛いラーメンが若者に受けている。
   :観客にうけた演劇

しかし、それがどのような過程で変化したのか、ここ数年で「面白い」にまで意味が飛躍したのには驚き以外の何ものでもありません。「〜が〜にうける(うけている)」という文型が変わってしまいましたね。そして何より、「動詞」に「形容詞」の意味が加わってしまいました。

そして、さらなる驚きは、この「面白い」の意味も、新語として辞書に掲載されていたことです。もう一般的になってしまったんでしょうか。嘆かわしや。

 


この記事のカテゴリー:若者言葉 , comments(1)