<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

挨拶と印象

ニュースを見ているとこんな言葉をよく耳にします。
「良い子でしたよ。挨拶もちゃんとするし。」

その人間の良し悪しを挨拶で計るのはどうなんでしょうか。もっとも、現代社会における近所付き合いは多くの場合が挨拶程度なので、近所の人に人物像を尋ねるマスコミに問題があるとも言えますが。

私の友人の場合を考えてみると、良い人と挨拶がよくできる人とは、必ずしも一致しません。社交的な挨拶ができるかは単なる性格ですよね。

しかし、アメリカ人の挨拶が社交的な印象で、タイなどの多くのアジアの人の挨拶が礼儀正しい印象のように、第一印象に占める挨拶の割合は大きいように思います。

私は流れ作業のように挨拶をしてしまう悪い癖があるので、印象は悪いように思います。皆さんの挨拶は大丈夫ですか。

 


この記事のカテゴリー:挨拶 , comments(2)

「ご苦労様」と「お疲れ様」

目上の人に「ご苦労様」と言う間違いは、比較的知られた間違いだと思っていましたが、知らない人もまだまだ多いようです。

労(ねぎら)いの言葉は、部下を持つ地位の人が主に使う言葉ですが、どうも挨拶と勘違いして広まってしまったように感じます。

「ご苦労様」の「様」が勘違いの元かも知れませんね。さすがに社会経験の乏しい若者でも「ご苦労」なんて言葉は失礼だと分かるはずです。

また、目上か目下の他に、誰が誰に対してした行為かを理解しなければなりません。例え部下でも、会社にではなく自分に対してしてくれた行為なら、「ご苦労様」でも「お疲れ様」でもなく「ありがとう」です。「労い」と「感謝」は別です。

ただ難しいのが、下請け先などの人に対していう場合ですね。立場的には自分の方が上でも、労っては失礼に当たる場合があるからです。私がサラリーマンをしていた時は、この場合でも感謝の言葉を言うようにしていました。

 


この記事のカテゴリー:挨拶 , comments(10)

「おはようございま〜す」の印象

「おはようございま〜す」と聞いて、どんな印象を受けますか。

私には子供の挨拶のように聞こえます。もしくは、幼稚園の先生でしょうか。(もちろん「すみません」の意味で呼びかける場合は除きます。)

日本語の授業も挨拶から始まるのですが、私は学習者の日本語が社会全般で通じるように、だらけた挨拶はしないようにしています。

しかし、時々、「おはようございま〜す」と言う人が多いクラスを受け持つことがあります。原因は明確ですね。他の先生が「おはようございま〜す」と言っていたのです。

個人差の問題でしょうね。その先生は「おはようございま〜す」に悪い印象はないとのことでした。

皆さんはいかがですか。

 


この記事のカテゴリー:挨拶 , comments(2)